仕事で役立つスキルとは|宅建の資格に打ち勝つには忍耐力が必要|難題に挑む

宅建の資格に打ち勝つには忍耐力が必要|難題に挑む

ウーマン

仕事で役立つスキルとは

男女

実用的なスキルが人気

仕事でスキルアップを目指す人にとって必須なのは資格の取得です。一般的に広く使える資格から給与アップを目指せる特殊なスキルまで、様々な資格があります。一般的なビジネスパーソンに必要とされるスキルは、やはり海外でも通用する英語力が求められています。また、簿記も根強い人気があり、経理や財務データを読むスキルが身に付くことや、再就職を目指す女性に好まれています。英語力や簿記に加え、近年注目が高まっている資格がビジネス実務法務検定です。ビジネス実務法務検定は、ビジネスに必須な法律知識を習得するものです。企業の情報流出など不祥事の元となるリスク回避するために、最低限の法律知識が重要視されています。企業によっては昇進・昇級に取り入れる場合もあり、実務を行う上で自信を持って正しい判断ができることが求められています。

どのように勉強するのか

ビジネス実務法務検定には1級から3級まであり、3級ではビジネスを行う上で最低限必要な法律知識を習得します。2級は管理職を目指す人に向いている資格で、1級となると法務部門で働くレベルとなります。また、その他にもビジネスに役立つ資格というのは数多く存在しています。女性に人気なのは、医療事務や秘書検定などが挙げられます。男女問わず人気が高い資格といえば、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士などの資格でしょう。それぞれの資格の勉強方法は、テキストを覚えることが中心となりますが、独学・通信講座・予備校という選択肢があります。独学は最も少ない費用で済みますが、一人で黙々と勉強することが苦になる人へは向かないかもしれません。その点では、通信講座ではテキストの送付だけでなく、質問の受け付けを行っている場合もあるため安心感があります。また、予備校では講義を受けながら都度疑問点をクリアにできることや、周りのレベルを知ることでやる気を出せるメリットがあります。しかし、費用がかかることを覚悟しておかなければならないでしょう。