宅建の資格に打ち勝つには忍耐力が必要|難題に挑む

婦人

言語機能のリハビリ専門職

相談

言語聴覚士は話す機能や聞く機能に障害がある方に対して、医学的な知識を基にリハビリを行なう国家資格です。高校卒業後、大学や短大や専門学校で3年以上の養成課程を修了すれば、国家試験の受験資格が取得できます。

詳細を読む

仕事で役立つスキルとは

男女

ビジネスパーソンに求められるスキルは英語力ですが、近年ではビジネス実務法務検定が注目されています。また、それ以外にも人気のビジネス資格は数多くあります。勉強方法は独学・通信講座・予備校という選択肢がありますが、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

詳細を読む

エキスパートと言えます

女性

預かったお子さんの面倒を見るのが保育士の仕事であるのに対し、幼稚園教諭は作法や教養を教育するのが仕事です。国家資格であるため、この職に就くには短大か大学を卒業する必要があります。また、円滑な関係を築けるコミュニケーションスキルも求められます。

詳細を読む

業界から求められている

レディ

合格するだけではだめ

宅建は毎年20万人以上が受験する人気資格です。重要事項説明等、宅建資格を持っている者しか出来ない独占業務があります。また、不動産の取引をする事務所では、5人に1人は有資格者が必要となります。資格を所持したスタッフがいなければ業務を行なうことができません。業務停止処分になる可能性もあります。その為、資格の価値は高く受験者が多い理由になっています。試験は毎年1回であり、受験資格は特になく、誰でも受験可能です。合格すると宅地建物取引士の資格を得れるかと言えばそうではありません。試験合格と実務経験2年以上を合わせて宅建資格取得となります。しかし、試験合格後に講習を受けることで実務経験を満たす事もできる為、業界で働いていない人でも資格を取得する事ができます。もちろん、試験合格した事実は生涯なくなる事はありません。

合格の鍵は暗記科目

宅建試験は国家試験であり、相応の対策が必要です。科目数は善部で4科目あり、普段生活している中で知る機会のない科目ばかりです。初学者からだと、合格レベルに達するまで半年の期間が必要と言われています。法律問題が中心である試験ではありますが、民法以外は素直な知識を問う暗記中心の問題です。また、その中で宅建業法は全体の40%出題されます。試験合格するには50問中36点とれば合格できます。年により変動幅はありますが、過去36点を越える合格基準点はありません。宅建業法は20点の配点であり、この科目のできが合否を分けます。宅建試験は各科目で得点の足切りはなく、全体の得点で合否が決まります。民法は理解が必要であり、難問も多く対策しにくいですが、他の科目は暗記中心なので、民法以外で得点をとる事が必要です。多くの参考書は最初民法から書いてます。参考書の頭から順番に学習せず、得点しやすい暗記科目から学習することで、試験間近でも焦らず学習を進められ、合格に近づく事ができます。